タグクラウド

2005年11月07日

日常日記 近況他

ワルがモテるのは意外性

livedoorのゲンダイネットの記事から。
昔から、「ワル」で通っている奴の方が却って格好良かったりするものだが、「ワル」がモテるのは意外性が理由らしい。
向谷匡史氏のヤクザ関連を扱った著書にも、そんなことが書かれていたっけ。
余談だけど、向谷匡史氏の「向谷」は「むかいだに」と読む。
鉄道関係を扱っているので、「向谷」というと「向谷実(むかいや みのる)」が連想され易そうなので、注釈しておく。
何はともあれ、意外性のある一面があることが、意外な魅力を引き出すということだろう。
型に填ったような人間ほど詰まらないものはない。
そういえば、昔、楽天のブログで、伊藤英明がフィギュアオタクだということを書いていたことを思い出したが、伊藤英明の場合、オタクであることさえ魅力なのかもしれない。

メロが大きくなった

うちのblogのメロのマグナギガだが、先月末頃に少し成長した。
友達のメロは何故か、頭巾(?)が紫色に変化していたりしているのだが、うちのも孰れ、身体の色とかが変化するのだろうか?
どうでも良いけど、未だにアイテムを拾ったことがない。
どうやれば出てくるのだろうか?

架空鉄道は

ここ最近、トランスフォーマーとかに填りすぎてしまっていて(楽天のブログ参照)、全く進捗していない。
期成会にて、漸く車両の型式番号定義を発表できた程度でしかない。
気の多い性格故、一つのことになかなか集中できないのが、情けないが、マイペースに折を見て進捗する所存である。
そういえば、京阪で「マイナスイオン電車」なるものが出るらしい。
うちの「岡山急行電鉄」にはそういう空気清浄機の付いた電車をそれ以前から、考案していたのだが、考案が早くても発表が遅いと、「後出しジャンケン」にしか見えないだろうな。
余り「牛歩戦術」に徹していると、フルカラーLED方向幕電車(東急5050系で実際に登場)みたいなことがどんどん起こってしまう…。
posted by tomocky@岡山急行電鉄 at 01:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 架空鉄道(岡山急行電鉄関連) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。