タグクラウド

2013年04月29日

[東武]野田線に新車!?

概要

東武野田線というと、埼玉県の大宮から千葉県の船橋までを結ぶ長距離路線で、放射状に延びる各路線を結ぶように走る路線である。
長らく、8000系ばかりの路線であったが、今年に入り、60000系という新形式車輌が導入されるなど、野田線の整備に力を入れ始めているようである。

TimeLine


























所感

東武野田線には60000系の登場の他、東上線から10030系の6両編成が転入している。
今までの小豆色の帯から小田急1000系を想起させるような青帯に変更されている上、幕板に黄緑色の帯が入ったため、「ファミリーマート」とも呼ばれている。
東武野田線にいつかは10000系列が導入されるだろうと思っていたが、東武は東京メトロなどのように車輌にラインカラーを導入していないのだから、わざわざ帯色を変えるようなことをしなくてもと思う。
あと、車輌も60000系という全くの新形式ではなく、50000系の6両バージョンで良かったのではないだろうか。
新車開発や塗り替えの費用を勘案するとこれはやり過ぎの感が否めない。
それより、急行運転と全線複線化を進めて欲しいものである。
タグ:東武 野田線
posted by tomocky@岡山急行電鉄 at 11:43| 岡山 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。