タグクラウド

2009年02月11日

西武鉄道 Valentine小手指車両基地Day

小手指に行ってきました。

今住んでいる所が西武沿線ということもあり、私は小手指のイベントに出掛けてきました。
会場の入口では、女性スタッフが来場者に「バレンタインチョコ」(今日は建国記念日であって、バレンタインデーではないのだが…)を配っていました。

車両基地奥

車両基地の奥側では、30000系と101系の運転台見学のための行列が出来ていました。
これが大変な人気で、私が来たときには整理券が切れて入れなくなるとのことで、これは諦めました。
小手指 その1
その車両基地奥側の全景(?)です。
写真中央の20000系には今日のイベントのヘッドマークが取り付けられています。
運転台見学の30000系はその奥にある車輌になります。
小手指 その2(E31)
こちらはE31型電気機関車です。
貨物営業が終わった今、唯一の電気機関車の形式となりました。
全部で4両在籍し、今は孤島線である多摩川線(武蔵境〜是政)の車輌の回送や101系を他者向け改造した車輌の甲種回送などで用いられています。
小手指 その3(4000系)
こちらは主に秩父線で活躍している4000系です。
東武鉄道の6050系のような2扉クロスシートの車輌で、休日の秩父鉄道乗り入れ快速急行で池袋に乗り入れてくることがあります。
小手指 その3-2(4000系)
車輌の横には、嘗て旧101系で使われた種別の副票が掲げられています。
小手指 その4(Dr.Multi)
これは「Dr.Multi」という総合試験車になります。
ここ近年、東急電鉄や小田急電鉄、京王電鉄などで電車タイプの総合試験車を導入する大手民鉄が増えていますが、西武ではこのような機械(車籍がない車輌)を用いています。
小手指 その4-2(Dr.Multi)
これは「Dr.Multi」の解説板です。
小手指 その5(入換機)
これはアントの入換機です。
検修庫内の車輌を牽引するのに用いられる小型の機関車です。

2000系の床下見学

検修庫内の売店やステージの裏側を回ると、2000系の床下機器の見学コースとなります。
西武2000系 その1西武2000系 その2西武2000系 その3西武2000系 その4西武2000系 その5西武2000系 その6西武2000系 その7

各床下機器について、解説板が出ています。
尚、電連は基本編成(8両編成)側は閉じた状態、増結編成(2両編成)側は開いた状態に設定されています。
西武2000系 その8
こちらは西武2000系の増結編成の飯能寄り前面です。
貫通扉の窓が若干小さくなっているタイプの前面です。
同じように見える車輌でも、細かい仕様の違いがあるようです。

所感

今回は、余りお金を持っていない状況だったので、グッズは何も買っていません。
殆ど、鉄道車輌見学をしたような感じで、11時から15時頃までここで過ごしていました。
尚、私が来て暫くしてから、「鉄道アイドル」と称する木村裕子のトークショーがありました。
こちらは写真撮影禁止ということだったこともあり、写真は撮っていません(そもそも、目当てではないので撮る気にはならない)。
しかし、それにも拘わらず、何人もの人がその禁を破って写真やビデオ撮影に勤しんでいたのはいただけません。
周りの係員もそのような者が多すぎたのか、誰も制止する様子はありませんでした。
この光景を見て私は、その木村裕子が最近所属しているオフィス北野の看板タレントビートたけし(北野武)の「赤信号、みんなで渡れば怖くない」というシニカルなギャグを思い出しました。
今後このようなことがあるようですと、イベント自体が中止になるという危険性があるので、気をつけて欲しいものです。
苦言で締めてしまいましたが、また次回もこういうイベントがあるのなら、参加してみたいです。
posted by tomocky@岡山急行電鉄 at 23:06| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。